第3回 自分に合った不動産と出会う

初めての購入物件は地縁がある場所の物件をお勧めします。

不動産選びは物件はもちろんのこと周辺環境も大事になってきます。

収益の要である賃料は周辺環境や周辺物件の賃料で大きく変わってくるからです。

不動産屋に物件選びを全て任せるというのはおすすめできませんので、

少なくとも周辺環境だけはご自身で把握しておくことが大切です。

物件(建物)については専門知識が必要なのでそこまで勉強をしている暇はありませんが、

周辺環境は地縁があれば簡単に把握することが可能です。

5年後・10年後の賃料はいくらぐらいだろうか?

将来予想賃料で収支が合うかをしっかり確認してください。

また1棟であれば建物全体の修繕費がかかりますのでその分のストックも大事になります。

区分マンションであれば修繕積立金は上がるものなのでそこも計画に入れて考えなければいけません。

自分が買おうとしている物件の需要がその地域にあるだろうか?

例えば学生街にファミリータイプの部屋があっても恐らく入居付けは難しいでしょう。

駅から遠く車が必須の地域なのに駐車場がないといったことも調べる必要があります。

長年住んでいた知っている地域であればそういったこともすぐにわかるので、

調査をする時間を大幅に短縮することができます。

また、不動産を探すときは自分に合った(見合った)物件を探すことが重要です。

これは金融機関からいくら借りれるのかを知った上で物件を探すということです。

気に入った物件があったので銀行に審査をお願いしたけどこれを知っていなかったがために

門前払いされたという方も多くいらっしゃいます。

どういった物件が自分なら買えるのか?

これについては直接ご自身で金融機関を回って聞くのも良いですし、

不動産屋に聞くと答えてくれます。

融資について質問をしても明確な答えを出せない不動産屋もいますが、

そういった不動産屋とはお付き合いしない方が良いでしょう。

弊社でもお客様に最適な金融機関をご紹介しておりますので、

ご不安等ございましたら何なりとご相談ください。

 

あなたも不動産投資をはじめませんか?

ご相談はお気軽に
Copyright 2019 株式会社ネクストステップ