年収200万円台からのマンション投資

0.はじめに

弊社サイトをごらんいただき誠にありがとうございます。

このページではこれから不動産投資を始めようと思っている方はもちろん、

ご自身にはできないと思われている方やこれまで他社不動産屋に断られた方でも

不動産投資を始めていただけるようマンション投資を説明しております。

弊社だからこそできること。弊社だけにしかできないことも沢山ございます。

もし不動産投資ってどんなんだろう?とご興味をお持ちいただけましたら

なんでもお気軽にご連絡をください。

1.マンション投資が本当に必要な人とは・・・

突然ですが老後の生活を考えたことはありますか?

今の生活にいっぱいいっぱいでそんなことを考えたことはない。

と言う方がほとんどだと思います。

老後・・・

年金の受給額は現在の水準で国民年金であれば6万円。

標準世帯の厚生年金の受給額は20万円ちょっです。

あなたはこの金額だけで老後を過ごすことは可能でしょうか?

また、年金支給開始年齢と一般企業の退職年齢の差も大きくなっているため

しばらくの間、貯金を切り崩して生活をしなければいけない期間も出てきます。

厚生労働省の統計によると60歳定年としている企業が一番多く、

年金の支給開始年齢は65歳です。

つまり今の時点ですでに5年間の無収入状態が確定しているのです

【5年間、毎月30万円が生活費として必要な場合】

上記のように大金を今から準備しておく必要があります。

ではこの金額を用意するために今から毎月貯めなければいけない金額を計算しましょう。

【例:現在35歳の方の場合】

上記のように現在35歳の方の場合毎月6万円を休むことなく蓄えなければ

老後の無収入期間に生活することはできません。

ご自身で計算された方もけっこうな金額になったのではないでしょうか?

あなたはその金額を毎月貯めることは可能ですか?

将来を不安視したからといって今から飲みに良く回数を減らす、

お酒を減らす、タバコをやめるといった節約で事足りる金額ではございません。

それも定年までの期間をです・・・気が遠くなりますね・・・

また上記金額を何の苦労もなく貯められると言う方はそれなりのご年収の方でしょうから、

不動産投資をしたければどの不動産業者に行っても購入できますのでそちらへどうぞ。

不動産投資に必要なお金を銀行がすんなり貸してくれるのはやはり高収入の方です。

つまり高収入の方は余裕で毎月貯金をしながら銀行からお金を借りて投資もできるわけです。

ますます格差社会が広がります・・・

しかし本当に老後のことを考え投資をしなければいけないのはそういった方ではないのです。

この金額を貯めるのが難しいという方こそ投資を始め、

老後に備えて準備をしなければいけないのです。

弊社であれば年収200万円台の方からマンション投資が可能です。

また自己資金0円はもちろんのこと、

現在お借入があるという方も大丈夫ですのでお気軽にご連絡ください。

年収200万円台の方ですと同業他社に相談に行った場合に軽くあしらわれるかもしれません。

弊社ではそんな方々のために一緒になって将来プランを考え、

マンション投資を始められるようご相談に乗っております。

2.年収200万円台のお客様にご購入いただけるわけ

マンション投資を始めたいと思った方はインターネットで検索をかけると思います。

すると上記のような検索結果が出るわけですが、

ほとんどの方が知らず知らずのうちに、

自社で都内に新築投資マンションを建てている業者サイトしかご覧になっていません。

今まで資料請求をした会社。説明を聞きに行った会社。セミナーに行った会社は

思い返してみると全て自社物件の紹介ではなかったでしょうか?

都内の新築マンションですと最近では価格も高騰し、

1部屋の価格が安くても3000万円以上というものがほとんどです。

この価格帯の物件をローンで購入しようとすると年収700万円ほど必要になります。

年収500万円から購入可能とうたっている新築マンション業者もございますが、

勤務先がしっかりされている方や提供できる担保をお持ちの方でないと購入は難しいラインです。

こういった会社はとりあえず多くのお客様からの問い合わせを集め

物件を購入できそうな方はお客さんとして扱うといったスタンスです。

そしてこれらの会社は自社でマンションを建築していますので、

自社の新築物件しかお客様に紹介をしません。

こういった広告のおかげでマンション投資を始めるなら

年収500万円くらいが必要(本当はそれでも足りません)と思われがちです。

しかし弊社は様々な投資物件を紹介する仲介不動産会社ですので

お客様にあった投資マンションをご紹介することが可能なのです。

弊社では沖縄県を除く全国の新築・中古投資物件をご紹介しております。

都内だけでなく生まれ育って慣れ親しんだ地方物件もご紹介可能ですので

ご一緒にベストな投資物件を見つけましょう。

また、ご年収が低い方ですと金融機関の審査も厳しくなりますので

取り組みたくないという不動産業者がほとんどですが、

弊社はそういった方こそ不動産投資を行うべきだと考え、

積極的に金融機関に案件を持ち込むことで融資を可能にしています。

他の不動産業者で断られた方や無理とご自身で思われている方も

弊社であれば不動産投資を始められます。

お客様と良い物件の架け橋になれるよう社員全員が最善のお手伝いをさせていただきます。

3.不動産投資のメリット

ここでは不動産投資を始めたときのメリットについてお話させていただきます。

ただし、弊社のお客様に関係のあるものしかご説明をいたしません。

節税対策をうたっている業者を多く見受けますが、

年収1400万円以上のそれなりに税金をを払っている方でないと

そこまで効果はないので省略させていただきます。

①老後の安定した収入源として

投資マンションを購入する際には金融機関のローンを利用することになりますが、

このローン返済が終了すると家賃収入から必要経費(マンション管理費等)を引いたものが

まるまるご自身のものとなります。

築年数がいくら経過をした物件でも家賃が0円という賃貸物件はございません。

どれだけ古くなっても賃料収入は物件をご所有され続けるかぎり賃借人から入ります。

不動産投資をはじめるのは早いほうが良いですと言いますが、

これは早く始めたほうがローンの完済が早く終わるからです。

現在30歳の方が30年ローンを組んで投資マンションをご購入された場合、

60歳から家賃収入をまるまる受け取ることが可能です。

ですから弊社では特に20代~30代のお客様へ力を入れて取り組んでいます。

では40代以上のお客様にとってメリットはないのかといえばそういうわけではございません。

40代や50代のお客様が物件を購入された場合、70代や80代の時にローンを完済します。

そこまで生きていないという方でもご購入された不動産は残されたご家族に引き継がれます。

しかもその引継ぎの際にはローン残債は消滅しているため物件を相続されたご家族は

物件を売却してまとまったお金を手に入れたり、引き続き家賃収入を得ることが可能です。

(死亡した場合にローンが無くなることは後述します。)

不動産投資はご自身のためにも家族のためにもなる素晴らしい投資なのです。

②生命保険の代わりとして

不動産投資ローンを組む際には団体信用生命保険というものに加入していただきます。

ローンを組まれた方が死亡した際にローン残債が無くなるというものです。

また、プランによっては働ける状態でなくなった場合に保険が降りるというものもあります。

これにより先ほどお伝えしたように残されたご家族が物件を売却したり、

まるまる家賃収入をもらい続けることが可能となります。

不動産投資をご検討いただく段階でご家庭の保険の見直しも承っております。

この団体信用生命保険があるので既に加入されている生命保険は不要といったことや、

その代わり違う保険を強化した方が良いといった提案も皆様に喜んでいただいております。

③自己資金なしではじめられる『投資』は不動産投資だけ

『投資』と名のつくものには株や外国為替(FX)といったものがあります。

しかし、これらを始めるためには自己資金が必要です。

株を購入したいからお金を貸してくださいと銀行に行ったら貸してくれるでしょうか?

答えはもちろんNOです。

しかし不動産投資の場合に限り自己資金がなくても

金融機関が必要なお金を貸してくれるため貯金がなくても始めることが可能です。

これはご購入いただく物件が担保になるからです。

もし万が一、お客様が返済できなくなった場合、

金融機関はその物件を売却することで大きな損を被ることはないのです。

そのため金融機関はローンの申込み時にしっかりとした物件調査を行います。

購入する物件が高いのではないか?と思われる方もいらっしゃいますが、

金融機関が物件購入費を貸し出すということはしっかりとした調査のもと、

その物件に貸出し金額だけの価値があると認めたということになります。

これも物件をご購入する際の判断基準にしてください。

弊社では金融機関の承認金額が売買価格に足りないため、

自己資金を出してくださいという販売はいたしておりません。

不動産投資物件を精査した上で金融機関が認めた物件だけをご紹介しております。

4.なぜ年収200万円のお客様を取組めるのか

今このページを読んでいただいているあなたの年収はいくらでしょうか?

400万円以下の場合、これまで不動産投資のセミナーに行ったり資料請求をしたり、

実際に不動産業者に出向いたけど営業電話すらその後かかってこなくなった

という方はいらっしゃらないでしょうか?

先述のとおりこういった方々は広告を大々的にだしている不動産業者の物件を

購入することはできません。

しかし、その業者の物件が高いから購入できないだけであって、

不動産自体を購入できないわけではないのです。

ここで不動産会社の裏話を少しだけさせてください。

弊社のような仲介不動産業者の場合、主な収入源は仲介手数料となります。

400万円以上の物件の場合物件価格の3%+6万円を仲介手数料としてお客様からいただきます。

不動産売買の場合、500万円の物件と5,000万円の物件取引では、

引渡しまでに不動産業者が行う物件調査や契約書作成といった作業に違いはありません。

500万円の物件を仲介した場合の手数料は21万円です。

5,000万円の物件を仲介した場合の手数料は156万円です。

あなたが不動産屋だとして仕事内容が同じ(同じ労力)であれば、

どちらの取引を数多くこなしたいですか?

もちろん後者の5,000万円の物件取引で156万円を稼ぐ方ですよね?

こういったように金額の低い物件は時間の無駄と捕らえ、

多くの不動産会社は金額が低い物件の仲介をしたくないのです。

弊社では皆様に不動産投資のメリットを享受していただきたく

価格に関係なく物件のご紹介をさせていただいております。

需要があるのに他社が取り組まない。

1件あたりの手数料収入が低いのであれば数をこなせば良いという考えで、

年収200万円~のお客様のお手伝いをさせていただいています。

5.こんな不動産屋には要注意!!

投資不動産屋の多くは物件が売れればそれでよしという考えで、

色々なセールストークで近づいてきます。

以下のようなことを平気で言う不動産業者には注意が必要です。

①『10年後も家賃収入は変わりません。』

築10年経過したマンションが同じ賃料で貸すことができるでしょうか?

現在築10年のマンションであれば10年後には築20年になります。

この不動産業者が言っていることが正しければ現在築20年のマンションも

築10年のマンションと同じ賃料で貸していることになります。

そんなことありませんよね?

賃料は建物の老朽化と共に下がっていくのが一般的です。

リフォーム等でお金をかけない限り賃料が同じであったり上がったりということは

絶対にありえません。

特に新築マンションの場合は新築プレミアムと言って

相場よりも少し高い賃料で貸し出すことが可能です。

しかし、最初の賃借人が退去した後は相場賃料に戻るので

しっかりと物件周辺の相場賃料を知っておくことが重要です。

運営シュミレーションで未来永劫同じ賃料で

シュミレーションを立てている業者には要注意です

②『35年のサブリース契約なので空室でも安心です。』

最近では色々な業者が10年や35年の空室保証(サブリース)を行っております。

しかしよく契約書を見てみると「○年ごとに更新」という文言が必ずあります。

前述したように家賃は必ず低くなっていきます。

サブリース会社が損をしては商売になりませんので、

その下落に伴って更新時期ごとに必ず保証賃料も下げていきます。

③『支払額はずっと変わりません。』

マンション投資での支出とはまずローンの返済があり、

ローン返済額については金利によって変動します。

これについては昨今「史上最低金利」と言われているように、

今後は上がっていくしかないので負担が増すことは間違いありません。

次に毎月必要な費用で管理費や修繕積立金があります。

修繕積立金に関しては年数が経過するにつれ上がっていきます。

これは長期修繕計画に将来の予想値上がり金額が明示されていますが

その時の物価によっても変わってきますので注意してください。

また新築マンションの修繕積立金は極端に低い場合が多々あります。

そういった場合は確実に将来値上がりしますので要注意です。

過去にマンション全体の修繕積立金が少ないのが問題となり

各部屋の毎月の修繕積立金支払額が8倍に上がったというマンションもあります。

弊社にて中古マンションをご購入いただく場合には管理組合の調査も行い、

マンション全体の運営状況が良好かどうかまで調査します。

このように将来、収入が減り支出は増えることは確定しています。

支払額が変わらないということは絶対にありえません。

④『売却時には買った金額よりも高く売れます。』

不動産はインフレに対応できる投資対象物というのは確かです。

しかし買った価格よりも高く売れる物件というのは、

本当の都心物件のしかもプレミアマンションといわれるマンションでしかありえません。

限定発売のフェラーリであれば売却時に買った金額よりも高く売れますが、

大衆車でこの状況は起こりえないですよね?

弊社では過去20年の全国の不動産の価格推移を分析していますが

都内であってもこういう現象が起きるのはごく限られた地域に限ります。

大切なのは売却するときに損(手出し)を出さずに売却できるかどうかです。

10年後・20年後に売却する際にはそれまでにどれだけ賃料収入を得たかや

ローン残債と相場価格の差異がどのくらいあるのかを購入時に予想しておくことが必要です。

5.本当に取組み不可能なお客様

弊社ではお客様に投資物件をご購入いただけるよう最善の努力で取り組んでおります。

また、取引件数も莫大な量をこなしているため、

本当に物件をご購入いただけない方からのお問合せ対応は致しかねます。

大変申し訳ございませんが下記状況の方からのお問合せをお断りさせていただきます。

①無職の方(アルバイト・パート含む)

②消費者金融等からのお借入れが500万円以上ある方

③自己破産をしてから10年経過していない方

④外国籍の方

上記に当てはまらない方であれば不動産投資を始めることは可能です。

心配な事や不安な事ございましたらなんでもお気軽にお問合せください。

6.最後にあなたへのメッセージ

ここまでお読みいただきありがとうございます。

過去に他社の対応で嫌な思いをしたことがある方。

買えないと思って今まであきらめていた方。

自分が不動産投資なんてと思っている方。

弊社のスタッフと共に不動産投資を始めませんか?

どのような方であっても各スタッフが一生懸命お客様の将来を考え、

お客様はもちろんご家族の方のためになるご提案をさせていただきます。

もちろん物件価格が低いということは賃料も低くなります。

数百万円の物件をご購入いただいた場合家賃収入は毎月数万円です。

ひょっとしたら少ないと感じるかもしれませんが、

将来その数万円が生活の助けになるはずです。

また物件をご購入いただいた後はローン残債が毎月減少していきます。

将来残債が減った物件を担保に2件目以降を買い進めることも可能です。

そうすることで老後に大きな家賃収入を得ることが可能です。

何度も申し上げますが不動産投資は早くやればそれだけ得をします。

そして自己資金なしで取り組める唯一の投資です。

話だけでも聞いてみたいという方も大歓迎ですので、

ここをお読みいただき弊社スタッフと将来設計を組み立ててみたいという方は

是非ともご連絡ください。

弊社スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

あなたも不動産投資をはじめませんか?

ご相談はお気軽に
Copyright 2019 株式会社ネクストステップ